【vol.36】2018.11.19 育休後カフェ®️@流山「見つけよう♪しなやかキャリアを描くコツ」開催しました

ヒカルエ事務局の吉田です^^
本日、11月の育休後カフェ®️@流山、開催しました。今年最多、全9組のご参加で、広い和室も狭く感じるほどでした。また4月にはまだ小さかったベイビーズもすっかり大きくなり、立ち上がる子、歩き回る子も増えて微笑ましい限りです^^
▶︎育休後カフェ®️@流山「見つけよう♪しなやかキャリアを描くコツ」イベントページ

今回のテーマは「見つけよう♪しなやかキャリアを描くコツ」。今回はゲストをお招きして、グループでの自己紹介を行なった後、いつもとは少し違うプログラム構成でやってみました。

ゲストにお招きしたのは、パーソルホールディングス株式会社で育休中のママに向けたサービス「ママボラン」を展開する金子麻由子(かねこあゆこ)さん。ご自身も小学2年生&2歳の2児のママであり、お仕事やプライベートで多くのワーキングマザーと接していらっしゃる方です。


▶︎金子さんからのお話
まずは金子さんから「しなやかキャリアを描くコツ」についてお話をいただきました。


ご自身も二人のお子さんを持つ金子さん。まず前半では、1回目の育休、2回目の育休をそれぞれどう過ごしたか、それを経て今どんな仕事、活動を行なっているか、ライフラインチャートを元に話してくださいました。

育休取得者関連のデータを提示して、「近年は育休取得者が年間約35万人もいて、育休中の過ごし方は多様化していること」や「仕事、育児ともに前向きに頑張りたい“フルキャリ”志向のワーキングマザーが増加していること」などについても紹介くださいました。


後半では、金子さんが、毎日数多くのワーキングマザーに会う中で、「モヤモヤと悩んでいるワーママ」と「イキイキと毎日を楽しんで過ごしているワーママ」の違いは何か?について2つのヒントをいただきました。

★イキイキと毎日を楽しんで過ごしているワーキングマザーは・・・

①「楽観的」かつ「自分の選択に自信を持ち、腹をくくっている」

② WILL(目指す方向性)が明確であること。

 &WILLを持ちながら、いい意味で柔軟に流されながらキャリアを作っていく。
 (RIVER CAREER =川下りのキャリア)

①について
自己肯定感は自己決定を行うことで高められるそうです。楽観的に考えつつ、「自分で決めて、それに対して腹をくくっている」人はイキイキとしているとのこと。

②について
WILLとは自分が中長期で目指す方向性のこと。一足飛びにはたどり着けなくても、「5年後、10年後にこういうことをやっていたい/こうなっていたい」などの意志が明確であれば、自分らしい生き方を見失うことはないですよね。

また、そういったWILLを明確にしつつも、そこに向かって山登りのように一直線に頂上を目指すのではなく、「RIVER CAREER( 川下りのキャリア)」として、その時々に応じてしなやかに流されつつキャリアを築いていくのが良いのではないか?というお話でした。


▶︎質問タイム
お話の後は質問タイムを取ったところ、こんな質問が出ました。

・育休中は、たしかに時間があるけれど、子どもがいて思うようにできないことも多い。やはり皆さん預けているのでしょうか?金子さんはどんな風にやってきましたか?

・育休中に転職を考えるママも多数いるとのお話で、共感できた。でも、実際に転職となるとハードルも高く、今の会社にいる方がいいのかな、とも思ったり。唯一のネックは通勤時間が長いことだが、そういう理由で転職する人などもいるのでしょうか?

・私は自分のやりたいことは明確になってきた。でも経済的な面で今の会社をすぐにやめるわけにはいかないし、夫からもそう言われている。確かにそれもわかるし、どう考えたらいいか、アドバイスがあればいただきたい。

金子さんからは繰り返し、まずは自分のWILL(目指す方向性)を明確にすること、そしてそれに基づいてキャリアを作っていくことの重要性が語られました。その上で、パートナーとそのWILLについてよく日頃から話をすることや、すぐには実現できなくても、諦めずに・しなやかに・中長期でWILLを実現しようとすることなどをアドバイスいただきました。

最後に、「私のWILLを書いてみよう!」ということで、5年後、10年後にどうなっていたいか?について各個人で書き出して、それをグループでシェアしました。


▶︎今日の感想

今日の感想として出ていたことを一部ご紹介します。

・現在2人目育休中だが、1人目の時は上司とコミュニケーションを取りきれなかったところがあった。自分でも遠慮して上司に伝えられなかったことなどあったが、来年復職する時はもっと「自分はこうなりたい」「だからこういう仕事がしたい」など、自分から発信をしていこうと思った。

・WILLを明確にしつつもRIVER CAREER(川下りのキャリア)で柔軟に流されるというのが印象的だった。小さな子どものいるワーキングマザーだから、そう自分の思い通りにできることばかりではない。でもWILLを明確にしつつ、諦めずにやっていきたいと改めて感じた。

・育児休業(休暇)ということで、ここまで休暇を満喫してきたが、久々にキャリアや仕事について考えるキッカケになった。復職に向けて、また少し考えていきたい。

2時間みっちり、盛りだくさんの時間となりました。ゲストの金子さん、ご参加者の皆さん、充実した時間を本当にありがとうございました!皆さん多くの刺激を持ち帰っていただけたようで事務局としても嬉しかったです。

さて、ヒカルエで行う次のイベントは、12月に2つ!

「また働きたい乳幼児ママのためのお話会」
12月7日(金)13:00-14:30@流山エルズ(生涯学習センター)2階和室にて行います。ヒカルエとしては初の試みですが、結婚や妊娠出産を機にお仕事を辞めてしまったけれど、また働きたいなぁ・・・と思っている乳幼児を育てるママに向けての企画。
こじんまりと参加者同士でお話しながら進める予定です^^ →詳細は「こちら

12月の「育休後カフェ®️@流山」
12月13日(木)13:00-14:45@十太夫福祉会館和室にて、「2018年振り返り&残りの育休でやりたいことを語ろう!」をテーマに予定しています。年内最後のカフェとなります。ぜひ皆さん遊びにきてくださいませ^^ 初めての方もお気軽にどうぞ♪(今回も初参加の方が何人もいましたよ)→詳細は「こちら

また他のイベントも随時開催していきますので、ぜひ皆さん遊びにいらしてください^^(→イベント一覧はこちら

Related Entry

【vol.40】2018.2.3 「小一の壁を乗り越える!小...

【vol.44】2019.7.5 育休後カフェ©働いているか...

【vol.26】2018.1.19 育休後カフェ@ランチ会開...

【vol.39】2018.1.18 育休後カフェ®þ...

2017.10.21 育休後職場復帰セミナー開催

【vol.58】 Withコロナ時代の感染症に対する向き合い...